1. ホーム
  2. 関係団体からお知らせ一覧
  3. お知らせ詳細

会員ログイン

ログインリンク

年度別お知らせ

Abobe Readerダウンロード

Adobe Readerのダウンロード

Adobe PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerプラグインが必要です。上記のサイトよりAdobe Readerプラグインをダウンロードし、インストールを行って下さい。

お知らせ

東京都三多摩公立博物館協議会・国文学研究資料館3研究グループシンポジウム「多摩地域の博物館・資料館・美術館における防災と地域連携」のお知らせ
資料
多摩地域の博物館・資料館・美術館における防災と地域連携チラシ
趣旨
 平成23年(2011)に東日本大震災が起こって以降,各地の博物館・資料館・美術館(以下,「博物館等」と略す)において防災に向けての取り組みが始まっています。
 災害時に博物館等が収蔵品や地域の文化財を守る役割を果たすためには,平時から,「資料のリスト化」「防災マニュアルの策定」「基礎的な知識の獲得」「ネットワークの構築」などに取り組んでおくことが重要です。
 多摩地域には多くの博物館等があります。立川断層をはじめとするリスクを抱えた多摩地域において,さまざまな収蔵品をかかえる博物館等が互いの情報を知り,収蔵品や,地域の文化財を守るため知恵を出し合う場を設けることは,極めて重要なことではないでしょうか。
 そこで,本シンポジウムを開催し,博物館相互の情報共有を行うことで,災害・防災への知識を深め,各関係者が連携していくためのきっかけ作りを行いたいと思います。
日時
2014年10月30日(木) 13:00~17:00
会場
国文学研究資料館大会議室
住所:東京都立川市緑町10-3
定員
120名
参加費
無料
対象
多摩地域の博物館等にかかわる方
なお,多摩地域にかかわらず,歴民協の加盟館の方々も参加いただけます。
内容
多摩地域の地震と地盤災害-立川断層帯と首都直下地震の最新情報
  • 鈴木毅彦氏(首都大学東京都市環境学部地理環境コース教授)
民間所在資料の保全,過去・現在・未来
  • 西村慎太郎氏(国文学研究資料館准教授)
多摩の学芸員が関わっている文化財レスキュー-栄村における地域史料保全有志の会の事例から-
  • 高橋健樹氏(武蔵村山市立歴史民俗資料館学芸員)・安齋順子氏(くにたち郷土文化館学芸員)
静岡県博物館協会の防災への取組
  • 新田建史氏(静岡県博物館協会事務局員)
パネルディスカッション
  • コーディネイター 青木睦氏(国文学研究資料館准教授)
申し込み方法
9月13日(土)10:00より申込み受付開始(先着順)
メール,FAXまたはwebの申込みフォームに,所属・氏名・電話番号をご記入の上お申し込みください。(メール:museum2@parthenon.or.jp,FAX:042-376-9191(公益財団法人多摩市文化振興財団代表FAX),申込みフォーム:(http://tamahaku.jp/からお入りください)
お問い合わせ
公益財団法人多摩市文化振興財団(平成26年度東京都三多摩公立博物館協議会 会長館)学芸担当
Tel:042-375-1414,FAX:042-376-9191,e-mail:museum2@parthenon.or.jp
  1. ホーム
  2. 関係団体からお知らせ一覧
  3. お知らせ詳細