1. ホーム
  2. 関係団体からお知らせ一覧
  3. お知らせ詳細

会員ログイン

ログインリンク

年度別お知らせ

Abobe Readerダウンロード

Adobe Readerのダウンロード

Adobe PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerプラグインが必要です。上記のサイトよりAdobe Readerプラグインをダウンロードし、インストールを行って下さい。

お知らせ

独立行政法人 国立文化財機構「文化財防災ネットワーク推進事業」
公開シンポジウム 地域と共に考える文化財の防災・減災III
「熊本地震と文化財レスキュー」
 2016年4月に熊本・大分の地に発生した地震を受け、熊本県では地震で被害にあった文化財のレスキューが進められています。 発災から7ヶ月あまりを経た今、この経験から何を学び、次なる災害に備えいかに地域が取り組むべきなのか、改めて問われています
 そこで当シンポジウムでは、まず阪神・淡路、東日本の地で文化財レスキューの第一線を担った2人が、これまでの文化財防災のあり方や、今回の熊本地震を受けて考えたことを対談します。 次に、発災後7ヶ月の間に取り組んできた文化財レスキューについて、現場担当者から報告します。さらに、文化財の防災に取り組んでいる機関や団体の役割、地域とのかかわり方など、フロアからの発言も求めながら議論を深め、課題を見据えます。

開催日時:
平成28年12月4日(日)
11時00分~16時50分(受付10時30分開始)
会  場:
九州国立博物館1階ミュージアムホール
主  催:
九州国立博物館
参 加 費:
無料(事前申し込み不要)
定  員:
280名
問い合わせ:
九州国立博物館
092 - 918 - 2834・2842

 公開シンポジウムチラシ


プログラム:(総合司会)本田光子(九州国立博物館)
■開会挨拶 [11時00分~11時05分]
  島谷弘幸(九州国立博物館長)

■第1部「対談」
熊本地震を考える [11時05分~11時45分]
  平川 新(NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク理事長・宮城学院女子大学長)
  三輪嘉六(NPO法人文化財保存支援機構理事長・前九州国立博物館長)
司会:本田光子(九州国立博物館)

■第2部「報告」
熊本地震による文化財の被災とレスキュー中間報告
レスキュー事業の概要 [13時00分~13時50分]
文化財レスキュー事業の立ち上げについて
  朝賀 浩(文化庁)
文化財の大規模被災 - 初動からレスキュー、復旧スキームへ -
  平井 貴(熊本県教育庁)
九州救援対策本部の活動
  小泉惠英(九州国立博物館)

レスキューの事例報告 [14時00分~15時20分]
熊本被災史料レスキューネットワークの取り組み
  稲葉継陽(熊本大学・熊本被災史料レスキューネットワーク)
熊本県立美術館の取り組み
  有木芳隆・山田貴司(熊本県立美術館)
熊本県博物館ネットワークセンターの取り組み
  國本信夫(熊本県博物館ネットワークセンター)
熊本市立熊本博物館の取り組み
  竹原明理・甲斐由香里・木山貴満(熊本市立熊本博物館)
レスキューの実施と救出資料への対応について
  三角菜緒(九州国立博物館)

■第3部「パネルディスカッション
熊本文化財レスキューから学ぶ [15時30分~16時45分]
  朝賀 浩(文化庁)
  稲葉継陽(熊本大学・熊本被災史料レスキューネットワーク)
  平井 貴(熊本県教育庁)
  和田 仁(熊本市立熊本博物館)
司会:小泉惠英(九州国立博物館)

■閉会挨拶 [16時45分~16時50分]
  伊藤嘉章(九州国立博物館副館長)


 九州国立博物館ホームページ
  1. ホーム
  2. 関係団体からお知らせ一覧
  3. お知らせ詳細